循環器専門病院に転職をしてやりがいを感じています

私は、看護師として働いてきて、自分がこのようなことをしたいという内容について、みつけることができました。
そのようにみつけることが出来たことは、本当に良かったと思っています。
看護師として働いていると、このことを長くしたいと思うようになってきます。

私の場合も、循環器のことを専門にしたいと思うようになったのです。
しかし、部署移動がある病院では、そのように自分が希望する部署で長くいることができないのです。

私が以前にいた病院でも、大体5年ごとぐらいに、別の部署に移動となっていました。
それは、自分が希望する部署でない場合もあります。
若い時には、そのようなことも勉強と思って、頑張ることができていましたが、この年代になると、だんだんと疲れてくるのです。
しかもこれをしたいという希望がある時、別の部署に移動をさせられた時、少しやる気がなくなることもありました。

そのため、思い切って転職をしようと思ったのです。
ちょうど、私が働いている地域では、循環器の専門の病院があります。
そこに転職をすると、好きな分野を思いっきりすることができると思って、転職をしました。

今では、そのことはとても良かったと感じます。
毎日好きな内容のことばかりなので、とてもやりがいを感じることができています。
夜勤や、残業も多いですが、好きなことをするためだったら、そんなに辛いと思うことはありません。

やっぱり好きなことというのは、辛さを感じないものなんだなと思っています。
それは、苦労と思わなくなるからです。

ここでずっと働くことにしています。
そのように思うと、もっと多くの研修に行きたいと思ったり、勉強をしようという気持ちになっています。
自分がこんなに、仕事のことを好きと思えることがなかったので、やっぱり好きなことをすることは、仕事として一番かなと感じます。

同じ部署では、そんな循環器が好きな看護師ばかりです。
その中で、循環器のことばかり話をして、盛り上がったり、対策を立てたりすることに、満足感を得ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です