夜勤は休憩なしの場合は辛いです

1ヶ月の間で夜勤が数回あるけど、忙しすぎて休憩を取る時間がない場合は、やっぱり辛いです。
昨日だって、ずっと仕事で、休憩を取ることができませんでした。

そんな時は、朝になると放心状態になっています。
日勤の看護師の姿をみると、とっても嬉しいです。
それは、やっと仕事を終了することができるから。
でも、最後の申し送りがあるので、まだまだ気持ちを引きしめておきます。
そして、申し送りが終了すると、そこで仕事をおえることができます。

その時間の長かったこと。
本当に疲れました。

毎回、思うけどその看護師の時だけ、救急患者さんがくるって言うけれど、そのことは本当だと感じることがあります。
それは私の夜勤の時は、いつも救急患者さんが立て続けにやって来るからなんです。
それがいつもなので、本当に嫌になってきます。
救急患者さんを受け入れるたびに、お給料に反映させてくれたら、とっても嬉しいけどそうはいかないし、疲れがマックスになります。

でも、仕事が終了した時の開放感は、本当に嬉しいです。
これでやっと看護師の仕事から開放されると思うと、何をしようかなと思ったりして、楽しい気分になります。
しかし、朝日を浴びると、その気持ちも半減して、自宅に帰った時には、やっぱり寝たいと思ってしまうのです。

疲れちゃったら、転職しようかなとも考えてしまいますよね。転職したくなったらこちら → 看護師転職サイト 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です